1. HOME
  2. レポート
  3. Kota&Nozomi様

Kota&Nozomi様

2020年6月26日

コロナが少し収束し、円教寺での前撮りも再開です!

しかし、あいにくの雨模様・・・
1週間前から、天気予報ばかり見ていました。

そんな雨予報にやきもきしながらも、直前になりだいぶよくなってきて、ホッとしたり、でもやっぱり不安になったり・・・。ドキドキしながら日を過ごしていました。

そして当日がやってきました。
何とか降らずに耐えてくれています!良かった。

お2人の気持ちが通じたかな。

美容着付けの部屋もとってもアットホームな空気♡
あったかい時間が過ぎていきます。

新郎様も着付け終わり、イメージ撮影スタート。
新婦様も打掛を羽織ります。

そしてヘア飾りをつけて、新婦様もいよいよ完成です。

控え室から摩尼殿へ移動。
ご両家のご親族の方々も摩尼殿の内陣に入っていただきます。

そして、ご祈祷が始まりました。

新郎新婦のお2人、そして親族の皆さんも献香していただきます。

ご祈祷後は、摩尼殿舞台にて折鶴シャワー!
イイ感じで鶴が舞っていますね(^^)

そしてここからいよいよ撮影のスタートです。
まずは摩尼殿舞台から。何とか、雨はギリギリもっている感じです。

しっとりとした摩尼殿の情景とお2人の立ち姿がうっとりします。

晴れている内に!と、摩尼殿の雄大な懸け造りが見える場所へ。石垣の苔と白無垢が美しくマッチしています。

そのまま石段を下りて、石碑の場所へ。
摩尼殿を望む定番のショットですね。

そして湯屋橋。
6月の梅雨時期の湿気を帯びたとても円教寺らしい味わい深い絵になりました。
とても素敵です!
カラッとした天気もいいですが、こういう雨を含んだような日は、何とも言えず美しい写真が撮れます。それも円教寺ならではかもしれませんね。

何とか天気ももってくれて、湯屋橋での撮影を敢行する事ができました。
ホントに良かった。
そして、メインの三之堂に移動です。

なんとなんと!ここで大雨。
まるでバケツをひっくり返したような雨が降ってきました。

滝のよう・・・とは、まさにこの事。

ちょうど新郎新婦様とご家族皆さんが常行堂の舞台に上がったタイミングだったので、雨に合う事なく撮影続行できました。

しかし、それがこんな見事な一枚になりました。
見てください!この素敵な情景。

雨と霧が素晴らしい撮影シーンを演出してくれています。
こんなシーンはなかなか無いです。千年の歴史を感じて、ジーンとしてしまいました。

少し雨が小降りになり、いつものイメージ撮影も。

これは新郎様の希望のポーズ。
ハリウッド映画「ラストサムライ」のワンシーンです。

いつもの正座のシーンは少し赤い毛氈を前に。
背後に雨の跡が見えるでしょう。そのあたりまで雨が降り込んでいたんです。

そして綿帽子をかぶり、型物撮影。

お2人の希望で、阿弥陀如来様の前でも撮りました。

そうこうしてると、雨が完全に上がり、逆にカンカン照り!どんな天気なの(笑)

せっかく晴れたので、白洲に出て三之堂をバックにも撮影しました。

一日で様々な体験をしたような気持ちです。
ご家族の方々も大変でしたが、楽しかったですよね。

私たちもとてもいい想い出になりました。

おめでとう!